So-net無料ブログ作成

無休医の問題に思うこと [病院&医者の話]

今週は、「無休医」の問題にフォーカスが当たりました。
https://news.yahoo.co.jp/byline/nakayamayujiro/20190628-00132010/


無休医の多くは、大学院生でしょう。
大学病院の外来や手術を「無給」で手伝っているという状況です。
私も大学にいた時に、同級生がそういった立場で働いていました。
なぜこのような状況が発生するかと言うと、
職員として雇うと勤務時間の関係で大学院の研究に支障をきたすことや、
各診療科の雇用可能人数に制限があることなどの背景が関係しています。


…とはいえ、無給医のほうが、収入は多かったですね(笑)
私は有給(薄給)で週4日大学、週1日外勤だったのですが、
無給医の彼は、週2日大学、週2日外勤であり、外勤先も優遇されていたため
給与については逆転現象が起きるのです。
無給医として働いていた彼も、大学の職員として働いている私より、
QOMLは高かったように思います(笑)


ただ、無給医という状況が認められるわけではありません。
税務上の問題や社会保険の問題、労災の問題などがありますので、
本来はきちんと雇用関係を結ぶべきですね。


無給医が多かった大学がランキングとして出ていますが、
名前が出ていた施設は誠実な調査をしたのではないかと感じます。
無給医の解釈を捻じ曲げて、その存在を隠している施設はあるんじゃないかな、と。
…個人的な印象ですが(^_^;)



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。