So-net無料ブログ作成

大谷選手が手術に至った「分裂膝蓋骨」とは? [整形外科&スポーツ医科学]

久々に、整形外科のお話です(笑)
先日、大谷選手が膝の手術を受けたというニュースがありました。
『大谷翔平の「分裂膝蓋骨」とは?』


この「分裂膝蓋骨」という病態は、成長過程に関連しているとされています。
膝蓋骨(膝のお皿の骨)はもともといくつかに分かれており、
成長に伴って一つの骨に癒合していくのですが…
小児期に、
・筋肉・腱の硬さ(タイトネス)
・過度の運動
などによって膝蓋骨に牽引力がかかることで、
この骨が癒合せず、膝蓋骨が2〜3個に分かれているように見える、
というのがこの病態です。


小さく分かれている部分は骨で結合されているのではなく、
繊維組織や肉芽といった比較的柔らかい組織で結合していることから、
運動負荷によりストレスが掛かりやすい状況となってしまうため、
運動時に疼痛が出現してしまうこととなります。


札幌スポーツクリニックさまのHPにわかりやすいページがあったので、
ちょっとご紹介させて頂きますね ヾ(__。)
⇒ https://www.sapporo-sports-clinic.jp/disease/223/


手術自体は、
① 牽引力の原因となっている、外側広筋の一部を切離する
② 分裂している小さな骨片を摘出する
③ (骨片が大きい場合)スクリューなどの機材で固定する
という3つの方法が考えられます。
いずれの方法にせよ、術後3〜4週で軽い運動を行うことができ、
6〜12週でスポーツに完全復帰が可能です。


エンゼルスはプレーオフの可能性が消えた時点で、
来年のシーズンを見越して早めに手術を受けたのでしょう。
予後はかなり良好な手術ですので、来季も期待できますね!





失敗しない膝関節スポーツ外傷の手術

失敗しない膝関節スポーツ外傷の手術

  • 作者: 木村雅史
  • 出版社/メーカー: 医学と看護社
  • 発売日: 2014/11/01
  • メディア: 単行本






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ